おまとめローンのデメリットとは?

多重債務に陥ってしまった方をサポートするおまとめローンの利用で、返済総額を抑えて金利も低いなどメリットも多いですが、意外と知られていないデメリットもあります。

金融機関のウェブサイトや窓口などでの広告文を読むと、当然ですが良い面にクローズアップされています。適正に利用するためにも正しい知識をしっておきましょう。

メリットでは返済総額が抑えられるという事を冒頭でもお伝えしましたが、月々の返済額の設定によっては、返済額が高くなる場合もあるのです。月々の返済額を低く設定すると、返済期間が長くなるため支払う利息が増えてしまいます。

おまとめローンにしようと思っても、キャッシング利用と同様に審査があります。既に多重債務の状態からの審査のためにローン金額が高くなり審査に通りにくい可能性もあるのです。多重債務に陥っている人ほど、遅延、延滞履歴がある場合も多いですが、この場合は審査に通るのが厳しい場合があります。

そして、最も危険なのは、おまとめローンの利用によって月々の返済額が軽減されると、余裕が出たと勘違いする方がいます。返済額は減っていないのに、また他の金融機関からお金を借り入れて再度多重債務に陥る方もいるのです。完済できる期間、毎月のお金返済額など、実際にシュミレーションしてみる事が大切です。

安易におまとめローンが良いと飛びついてしまうのは危険です。家庭のお金の動きを把握して、長い目でみて計画的に利用して行くことが大切です。

おまとめローンでまとめて得するに

キャッシングの審査に通らない人ってどんな人?
http://www.rozfluodesign.com/

いつ頃からかテレビのCMなどを見ていると、おまとめローンと言う言葉を耳にする様になりました。

その名前とCMでの内容から、おまとめローンが「借入れ先が複数ある方がそれを一つにまとめることによって返済の負担を軽くするためのモノ」であることはご存知かも知れません。

確かにそれは正解です。

ただ、おまとめローンは借入れ先が複数あれば誰にでもメリットがあるわけではありません。
メリットを受けるには借入れ先が複数ある以外にも条件があるのです。

それを簡単に言えば「借入額が数十万円程度で上限金利に近い高い金利が適用されている借入れが複数ある方」となります。これはこのローンの仕組みを説明すればわかっていただけると思います。

おまとめローンとは借入れ先を一つにすることによって、適用される金利を低くしてメリットを発生させます。

金利は借入額が多くなることによって低くなるのを利用しているのです。
ですので、借入額がとても多く低金利を適用されている場合、まとめてもあまり金利は低くなりません。

また上限金利で借り入れていても、借入額が少額であればまとめても金利は低くなりません。

それによって上記の様な条件が産まれてくるのです。

ただ条件を満たさない場合も、返済日が一つになってお金の管理がしやすくなるメリットはあります。
返済に追われ、返済日ばかりを気にしててんやわんやになっているならまとめる意味は充分にあります。

もし、メリットを受けられる条件を満たしているなら、おまとめローンを使わない手はありません。

おまとめローンを利用するとどんなメリットがあるのか

おまとめローンとは、複数の金融業者や銀行から借り入れをしている人達が、今借りているローンを一つに整理することです。

こうしたおまとめローンを利用して借金を一本化することにはどんなメリットがあるのでしょうか。

複数の業者で借り入れを行うと、一体自分に今どれくらいの借金があるのか、そして後どのくらいで返済する事が可能なのか等を把握する事が難しくなってしまいます。

業者によって、返済日や金利が異なる事も上手く返済計画をたてられない理由になるでしょう。複数の借り入れを行っていれば、それだけ毎月の返済額も多くなりますから、多重債務者の場合返済が滞りがちになる可能性も高くなります。

そんな時、おまとめローンを利用して借金を一本化すると返済する業者はひとつになりますから、毎月おまとめローンを組んだ業者にだけ返済を行えば良いという事になります。

また、毎月の返済額が減ることによって生活を立て直しやすくなるでしょう。おまとめローンは、債務整理のように借金をゼロにする事ではありません。

生活に無理なく、借金の完済を目指すためのサポートを行ってくれるサービスと言っても良いかもしれませんね。

もし、複数の業者から借り入れを行っていて、毎月の返済に苦しんでいるという場合は、更に借り入れ数を増やして、最終的に債務整理を行わなければいけないまでに追い詰められる前に、こうしたおまとめローンの利用を考えてみてはいかがでしょうか。